NANO TOOLs リソース
マニュアル/ドキュメント
download-document-icon-15.jpg
​簡単な利用方法紹介

Step1,初回起動時の操作-Ubuntuのインストール

Nano Tool 2.0を初回起動する前に、コントロールパネル>プログラムと機能>Windowsの機能の有効化、からWindows Subsystem for Linuxにチェックを入れ、再起動後にNanoTools2.exeを起動して下記動画内容の操作を行います。 

Step2, Fast5 > Fastq変換

Fast5ファイルからFastqファイルへの変換を行うには、Nanoporeユーザーコミュニティサイトから取得したGuppy実行ファイルのパスを設定後、Fast5ファイルの入ったフォルダを指定します。

出力先に指定したフォルダ内にバーコードごとにリードがマージされたFastqファイルが作成されます。

Step3, Reference Mapping

Fasta形式の参照配列とFastq形式へ変換済みのNanopore sequence readを入力することで参照配列へのminimp2によるマッピングを実施します。

マッピング終了後、出力先に指定しておいたフォルダにBAMファイルが出力され、マッピング結果がIntegrative Genomics Viewer上で表示されます。

 

Step4, Structure Variant Detection

Fasta形式の参照配列とFastq形式へ変換済みのNanopore sequence readを入力することで参照配列へのminimap2によるマッピングとSVIMによるstructural variant callを実施します。

結果出力先フォルダにはBAMファイルと共にVariantの種別ごとにbedファイルが出力されます。これをIGVに取り込むことでゲノムブラウザ上でマッピング結果とVariant領域を共に表示することができます。

デモ版を提供しています。

​右ボタンからダウンロードページへ