​S-KIN pro - 皮膚常在菌検査キット

次世代シーケンサーを利用したメタゲノム解析

採取キット提供から解析まで一元サポート

16s rRNA利用の細菌解析・ITS I, II利用の真菌解析

Speciesレベルの分析で個体、群間の菌種違いを分析

常在菌と肌の状態、健康や疾患の関係は、まだまだ解明されていない点も多々ありますが、皮膚からの分泌物である皮脂を餌とする常在菌の平衡状態の解明は、様々な健康状態をモニターできると考えています。また、様々な疾患に関連していることも確かです。

S-Kin Proは、肌研究を支援するキットです。皮膚の常在菌の状態をさまざまな角度から分析してレポートします。

 

スワブした綿棒からバクテリア(細菌)の16s-rRNA遺伝子を取り出し、次世代シーケンサーで同遺伝子配列を読み取ります。その配列をリファレンスの全バクテリアDNA配列データベースと比較して、種レベルまでの菌種同定と、各菌種に割り当てられたDNA断片の数を基に相対的なバクテリアの量を算出しています。

その後、着目菌種の含有率、多様性を算出し、当社基準の学習データベースを利用して肌タイプの判定を行います。

ITSI, II遺伝子から真菌の菌叢解析も同様に実施可能です。

常在菌のモニターで、医薬品、サプリメント、化粧品による効果の検証に、さらに特定の機能を持った菌の探索研究にご利用ください。動物での利用も可能です。

  • 今後、常在菌に着目したいので基礎データを収集したい

  • 生活環境に常在菌がどのように関係するのかを知りたい

  • 特定の肌状態の人に関する菌を特定したい

  • 常在菌の状態からお勧め化粧品を誘導したい

  • 化粧品やサプリメントでのBefore/Afterを知りたい

  • 肌測定データやアンケートデータ(背景情報)と有意な菌の関係を求めたい

  • 顔以外の皮膚常在菌を調べたい

  • 創薬に利用したい

  • 動物実験に利用したい

S-kinprologo.jpg
s-kin annimal.jpg

詳細は専用サイトをご覧ください。

製品カタログ
download-document-icon-15.jpg

​研究用S-KIN pro

download-document-icon-15.jpg

一般向けS-KIN

解析の流れ

 

打ち合わせによるデータ処理方法の決定

事前に打ち合わせし、目的に合わせた処理のパイプラインを準備します

次世代シーケンサによる分析

できるだけ多くの種類の常在菌を求めるために、細菌が共通で持つ16srRNA遺伝子をシーケンスして、シーケンスされた細菌の配列を約15000種類の細菌データベースと照合し、菌種特定と各菌の含有率を求めます。

主成分分析などでグループ間比較を実施

菌の分布の特徴を求めるために、主成分分析や有意差検定などをおこないます

​S-kin専用サイトでは、さらに詳細の情報を載せています。

​興味のある方は引き続きこちらのサイトをご覧ください。