FluGAS -​ インフルエンザ型判定解析

​高速シーケンサデータからの

​インフルエンザウイルス HA・NA亜型 

自動判定ツール

イルミナ社MiSeqデータ 

オックスフォード・ナノポア社 ロングリードに対応

FluGASは高速シーケンサによるインフルエンザウイルスゲノムシーケンスデータから簡単な操作でサブタイプ(亜型)の判定と分節ごとの塩基配列を決定するWindows用のソフトウェアです。

高速シーケンサから出力される膨大なA型およびB型インフルエンザの全ゲノム配列シーケンスデータを自動的にアセンブルし、亜型の同定まで行うことができます。

  • Fastqファイル(イルミナ社 MiSeq)、またはFast5ファイル(ナノポアDNAシーケンサ)から直接インフルエンザのサブタイプを自動判定*

  • 分節ごとの塩基配列のアセンブルを自動化し、8分節すべてのコンセンサス配列を作成

  • 必要な操作はFastqファイルのドラッグアンドドロップのみ、複数検体のバッチ処理に対応

  • A型・B型インフルエンザ両方に対応

  • A型インフルエンザの場合はHA, NAのサブタイプまで判定、B型インフルエンザはVictoria/Yamagataを判別

  • サブタイプ判定時に利用する参照データベースはNCBI Influenza virus resourceに登録された配列を使用

  • 解析結果は検体ごとにGISAID登録用エクセルファイル形式、および複数検体の結果もタブ区切りテキストファイル形式で出力可能なため結果の確認と管理が容易

  • 解析結果はアプリケーションに保存され、解析を行った期間を指定してまとめて結果を出力させることが可能

  • トリ・ブタ・ウマ・ヒトなどすべての動物由来インフルエンザに対応

  • データベース更新機能

製品カタログ
download-document-icon-15.jpg
​動作環境

ハードウエア:

​CPU: Core i7以上 (4Core以上)

O  S   : Windows 10 64bit

メモリ:  16G 以上

​HDD: 1T 以上

ライセンス形態

PC 固定永久ライセンス

解析の流れ

 

シーケンスデータ

Fastq(MiSeq)またはFolder(ナノポアDNAシーケンサー)をドラッグアンドドロップ (複数選択可能)

Fast5 -> Fastq 変換(ナノポアDNAシーケンサーのみ)

QCチェック

Read dataのQuality Control (Phread scoreとRead長に基づくトリミング)の実施

マッピング

マッピング結果からコンセンサス配列を作成し、サブタイプを判定

全ゲノム配列決定・サブタイプ判定

インフルエンザウイルス全分節のアッセンブルと亜型判定専用のマッピングを実施

レポート

判定結果は公共データベースGISAID登録用エクセルファイル形式で出力

分節ごとのコンセンサス配列もFasta形式で出力されます

※ナノポアDNAシーケンサから出力されたFast5を解析するには別途オックスフォード・ナノポア社が提供しているソフトウェアが必要です。

当ソフトウェア(FluGAS)は国立研究開発法人 農研機構 動物衛生研究所との共同研究の 成果を元に株式会社ワールドフュージョンが開発・販売しています。

ユーザーマニュアル (4MB)

​インストール等についての詳細はリソースページをご覧ください。

 

download-document-icon-15.jpg

デモ版を提供しています。

​フォームに記入の上ダウンロードしてください。

 Flugasv2.Zip (152.5MB)‐2021/1/20リリース版

  ・プログラムファイル​

      ・マニュアル

デモ版ダウンロード

お手数ですが下記に必要事項を記入の上ダウンロードください。

は必須項目です