Home   > >   製品情報   > >   ソフトウェア&データベース   > >   Clinical Oral Metagenome Analysis Software
ソフトウェア&データベース
LSKB
Chemotargets CLARITYk
OFF-X
COMA
MetaGenome@KIN
Metatranscriptome@KIN
FluGAS
OMIXON HLA Typing
CLC Genomics Workbench/Server
NEXUS CNV
NEXUS TCGA Premier
ADPKD Target

COMA
Clinical Oral Metagenome Analysis Software


歯科用メタゲノム解析パッケージ           

歯科用メタゲノム解析ソフト 販売受付開始しました。   

  • 口腔細菌と疾病の関連性を独自分類
  • コンプレックス群は全て網羅
  • 専用データベースで高速かつ正確な処理を実現
  • 簡単操作でレポート作成
  • 患者さんの過去のデータとの比較も簡単

COMAは、メタゲノム解析ソフトMetagenome@Kinを歯科専用に改良したソフトウェアで、 口腔内細菌をNGSでシーケンスした16Sメタゲノムデータを元に解析します。

  • 研究用、臨床用どちらの目的でも利用可能
  • 操作を簡単にし、サンプルと患者の連携を取りやすくした
  • レポートを歯科に特化

齲歯や歯周病に関連する菌、さらに全身疾患に関連する病原菌の存在比の表示と、 存在比を元にしたリスク判定が一度にできます。

COMAデータベース

COMAには、 HOMD(Human Oral Microbial Database)をベースとして、 キュレーションして開発した独自データベースCOMAD(Clinical Oral Metagenome Analysis Database)を搭載しています。 COMADは、歯科領域疾患に重要な約400菌種(約1,300配列種)を搭載しており、おもな菌には疾患との関連性を論文情報を もとにアノテーション付けを実施。
本データベースは、研究専用メタゲノム解析ソフトウエア、Metagenome@Kinでの利用も可能です。



リスク判定レポート

リスク判定用のレポートでは、疾患との関連が明白なRed Complexなど、歯周病菌に関する約35菌種を、独自にTier1、Tier2、Tier3に 分類している。Red Complexなどを含む歯周病と齲歯に関連する菌種をTier1、その他の歯周病や齲歯に関連する菌種をTier2、内科疾患など、 歯周病以外の疾患に関連する菌をTier3としています。リスク判定基準は設定を変更することが可能です。



データベースの追加

自分で新たな菌を登録できます。登録した菌はTier1、Tier2、Tier3のレポートに反映可能。配列やコメント、関連疾患名とともに簡単に登録できます。